ダメ人間のためのガラスコーティングの3つのコツ
ホーム > 注目 > 呑気症、むずむず脚症候群にかかっている私

呑気症、むずむず脚症候群にかかっている私

呑気症(どんきしょう)って言葉を聞いたこと、ありますか?

私は胃腸の不調が続いていて、なんとかこの症状を緩和したいと思ってネットで調べることがよくあるんですが、その時に初めて「呑気症」という単語を目にしました。

呑気症とは、多量の空気を吸い込んでしまうことで胃に空気が入って膨満感や不快感を引き起こす症状。
20~50代の女性に多いそうです。
全国に500万人近い患者さんがいるそうで、なんと8人に1人という割合。
思ったよりずっと身近な病気なんですね。

私は呑気症という診断をされたことはありませんが、似たような症状に悩まされています。
もしや私も呑気症?
自分では空気を吸い込んでいるという意識はありませんが、ストレスで無意識のうちに歯を食いしばったり、うつむき加減の姿勢が多い場合、食事の仕方のクセなどで呑気症になってしまうそうです。

軽い症状の場合には日常生活に気を付けるだけで改善出来ることもあるそう。
不快な症状を少しでも改善するために、食事の仕方や食いしばりに注意をしてみようと思います。

そのほかにもむずむず脚症候群にもかかっていてこちらはサプリメントをのんでいます。→http://www.sandiegopredatorylending.com/