ダメ人間のためのガラスコーティングの3つのコツ
ホーム > 法律 > 亡くなった方の戸籍謄本等の取得

亡くなった方の戸籍謄本等の取得

 

一人の人の一生涯にわたる家族関係を調べるためには、以前の情報までさかのぼって調べていかなければなりません。

 

そこでまずは亡くなった人の家族関係をはっきりさせるために、出生時から死亡時までのすべての戸籍の情報を集める必要があります。

 

戸籍の情報は本籍地のあった市町村役場で戸籍謄本を取得することによって得ることができます。

 

しかし、請求する際にはその役場にどんな種類の戸籍がいくつあるのかということは分からないのが普通です。

 

そこで、請求する際に「相続手続で使用するので故人の戸籍でこの役場に存在するものをすべて請求したい」と伝えておきましょう。

 

そのように言っておくと、役場のほうで戸籍を調べてその役場に存在するすべての戸籍を出してもらえることでしょう。

 

1ヶ所の役場で出生時までさかのぼれない場合は、本籍地のあった他の市町村役場へ請求することになります。

 

尚、亡くなった方の戸籍謄本は請求者が相続人1人であれば取得することができます。

 

ですから、事前に亡くなった方と請求者本人とのつながりの分かる書類(戸籍謄本や住民票など)を取得しておき、それを窓口に提示することによって、亡くなった方の戸籍謄本を集めると良いでしょう。

 

請求先が遠方の場合は、郵便で請求し送ってもらうことができます。相続手続きを自分で