ダメ人間のためのガラスコーティングの3つのコツ
ホーム > 外壁塗装 > 憧れと現実の違い

憧れと現実の違い

昨年から新築戸建てを購入しようと家探しを始めました。外壁については憧れがあり、まだ家の価格も決定していない時はスウェーデンハウスの様な北欧風のツートーンカラーが良いなと思っていました。いざ土地と家の価格が決定すると、外壁にこだわる予算がない現実を目の当たりにしました。標準はへーベルのパワーボード仕様で、フラットパネルです。縦や横ラインのデザインパネルにするとオプションになります。4軒の分譲で端になるため、目立つ正面と左側面はラインにし、あとはフラットにしました。色も迷ったのですが、飽きのこない清楚な白一色にしました。家の見た目も想像とは違い、土地の大きさと方角の都合でどうしても正面二階にバルコニーがくるので外壁にこだわるのはもう諦めました。外壁だけを見ず、サッシの色や植木など緑を増やして全体的にしっくりくるようにと考えました。予算がもっとあればこだわりますが、家の中の仕様も大事なのでシンプルが一番良いという結論になりました。

児玉塗装の口コミ・評判・2chの評価・トラブルは?